メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅のかす漬け

城内レシピ、伝統の味を継承 高知で教室、26人が挑戦 /高知

梅を酒かすで包む参加者ら=高知市旭町のこうち男女共同参画センター「ソーレ」で、松原由佳撮影

 江戸時代、高知城で漬けられていたと伝わる梅のかす漬けを作るイベントが16日、こうち男女共同参画センター「ソーレ」(高知市旭町3)であった。26人が参加し、伝統の味の作り方を教わった。

 県立高知城歴史博物館の前身・土佐山内家宝物資料館が、家に伝わる江戸時代の文化を2006年に募集した際、高知市に住む男性から、梅のかす漬けの情報が寄せられた。男性の先祖が、高知城で奉公を…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  4. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです