メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

就職氷河期世代の支援 息の長い取り組みが必要

[PR]

 バブル崩壊後の1993~2004年ごろ大学や高校を卒業した人々を「就職氷河期世代」という。

 政府は今年の「骨太の方針」に就職氷河期世代を集中的に支援し、今後3年間で正規雇用を30万人増やす数値目標を掲げた。

 たまたま景気の悪い時期に当たったばかりに良い仕事に就けず、低賃金の非正規雇用で働いてきた。景気が回復しても企業は「新卒一括採用」の慣行を変えず、氷河期世代は見捨てられたままだった。今は30代半ばから40代半ばになった。

 本人のせいではないのに、理不尽な状況に置かれている人々を政治は放置してはならない。

 この世代は結婚していない人が多い。無年金のままだと親の遺産でもなければ老後は困窮状態に陥るのは明らかだ。早急に支援策を講じなければならない。

 支援の対象は非正規雇用や定職を持たない状態にある約100万人だ。就職相談や人材育成策を充実させ、雇用を引き受けた企業への助成も強化する。特に、人手不足の運輸業や建設業などの団体と連携し、短期間で資格が取得できるような支援に重点を置くという。

 これまでも氷河期世代の支援はなかったわけではない。06年以降、フリーターやニートを対象とした「再チャレンジ施策」を行い、この10年で氷河期世代のフリーターは88万人から52万人へと減っている。逆に、仕事をしていない「無業者」は38万人から40万人へと増えている。

 今回の政府の支援策は、こうした対策をしても正規雇用に結びつかなかった人々が対象とも言える。効果を上げるのは容易ではないだろう。

 10~20年もの長期間にわたってひきこもっている中高年も珍しくはない。社会から遠ざかる期間が長いほど社会復帰にも時間がかかる。

 人手不足の業界の労働力として安易に適応させようとしてもうまくいくだろうか。正社員にこだわらず、柔軟な働き方を認めながら職場への定着を図ることも必要だ。

 新卒一括採用や終身雇用という雇用慣行は変わりつつある。企業が必要なときに人材を採用し、労働者もいつでも再チャレンジできるようにすることが、第二の氷河期世代を生まない社会へとつながる。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです