ホルムズ海峡タンカー攻撃

「日本に敬意払わず」 サウジ皇太子、イラン非難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーなど船舶2隻が攻撃を受けた事件で、イランと敵対するサウジアラビアのムハンマド皇太子は、安倍晋三首相のイラン訪問中に事件が発生したことを理由に「イランの政権は、日本の首相のテヘラン訪問に敬意を払わなかった」と述べ、事件にイランが関与したと主張した。ロイター通信が16日のアラブ紙アッシャルク・アルアウサトのインタビューを引用して伝えた。事件では既に米英…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集