メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/6 SOMPOホールディングス 東南アジアの農家に天候保険

 SDGsが掲げる17の目標の一つに「気候変動に具体的な対策を取る」がある。SOMPOホールディングスは、気候変動の影響を受けやすい東南アジアの農家に「天候インデックス保険」を提供している。

 日本人にはなじみの薄い、この保険商品は、気温や風量、降水量など天候の指標が一定の条件を満たせば、保険金を支払う仕組み。これなら保険会社は、天候による被害を1軒ずつ調べるコストがかからないため、加入者に求める保険料の額を従来の作物保険に比べて安くできる。

 同社が、この保険のように、気候変動のリスクファイナンス手法の研究を始めたのは2007年。「戦略的に予定を決めて動き始めたわけではありませんでしたが、タイ国営の農業協同組合銀行(BAAC)との協働で話が急ピッチで進みました」と、同社CSR室の堀幸夫課長は話す。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです