メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

現場、再び ホテル編/上 夢の部屋、遊び心で演出

キャラクタールームに置くアメニティーグッズのサンプルを見ながら現場スタッフと意見を交わす山川信彦さん(右)=京王プラザホテル多摩で、喜屋武真之介撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 宿泊や宴会、レストランなどさまざまなサービスが楽しめるシティーホテル。東京都心にそびえ立つ超高層ホテルなどを手掛ける「京王プラザホテル」(新宿区)の取締役、八王子・多摩事業部長、山川信彦さん(52)が、客室の新設作業がピークを迎える現場に入った。

スタッフの提案尊重

 新宿にある47階建てメインホテルから電車で約50分。京王多摩センター駅(多摩市)の前にある「京王プラザホテル多摩」は5月中旬、キャラクターグッズ企画・製造の「サンリオ」(品川区)とタイアップした客室の新設準備に追われていた。オープンは1カ月後に迫る。

 「紫は、どぎついね。目立つよう、あえて原色に?」

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです