メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

全米オープン 松山、10打差23位

 男子ゴルフの全米オープン選手権は15日、カリフォルニア州のペブルビーチ・リンクス(パー71)で第3ラウンドが行われ、32位から出た松山英樹は7バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算1アンダー、212で首位と10打差の23位となった。

 メジャー未勝利の35歳、ゲーリー・ウッドランド(米国)が69で回り、通算11アンダーで首位を維持し、ジャスティン・ローズ(英国)が1打差の2位。大会3連覇を狙うブルックス・ケプカ(米国)は6位から68と伸ばして7アンダーの3位につけた。タイガー・ウッズ(米国)はイーブンパーの27位となった。【ペブルビーチ(米カリフォルニア州)共同】

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1025文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです