メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

秋田で問題発覚後に行われた、山口県阿武町での住民向け説明会。防衛省職員(手前)に会場から厳しい意見が相次いだ=同町福田下で2019年6月14日午後7時9分、祝部幹雄撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画が泥沼にはまりつつある。配備先として陸上自衛隊新屋(あらや)演習場(秋田市)を適地とした防衛省の調査報告書の誤りと、その釈明をした住民説明会での職員の居眠りが、配備が閣議決定された2017年当初からくすぶる「地元軽視」との批判を決定的にした。岩屋毅防衛相が17日、佐竹敬久知事に謝罪したが、同省は同演習場を「唯一の適地」とする姿勢は変えていない。同省への不信は、西日本の候補地、山口県にも飛び火し、政府が目標とする24年度配備に黄色信号がともる。

この記事は有料記事です。

残り2657文字(全文2912文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選2019・激戦えひめ 最後の日曜、訴え熱く /愛媛
  3. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです