メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪朝決めた習近平氏 G20前に影響力誇示の思惑も

中国の習近平国家主席(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=AP

 中国共産党の習近平総書記(国家主席)が20、21両日、中国最高指導者として14年ぶりに北朝鮮を訪問することになった。朝鮮半島情勢の行き詰まり打開に向け、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とどのような対話を進めるのか、国際社会が注視する。

中国 対中批判かわす「切り札」

 習氏訪朝がこのタイミングで決まったのは、大阪で28、29両日に開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、北朝鮮の後ろ盾としての影響力を誇示し、日程調整が進むトランプ米大統領との米中首脳会談を少しでも優位に進める思惑があるとみられる。

 陸慷(りく・こう)外務省報道局長は17日の定例記者会見で、トランプ氏が大阪で習氏との会談を呼びかけ…

この記事は有料記事です。

残り1995文字(全文2306文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです