メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメ振興10年 全国や海外のファン引きつけ 東京・立川

アニメとのコラボ商品を前に、訪れたファンが書き込んだメッセージ帳を手にする菊川園の森田輝生さん=東京都立川市柴崎町2で2019年6月4日、和田浩明撮影

 東京都立川市でアニメーションと連携した地域振興の取り組みが、近く10年目を迎える。イベントや独自商品販売などで全国や海外のファンも引きつけ、推進する立川観光協会などは「若い訪問者が増えた」と歓迎する。独自商品は、日本茶や和菓子と美少女キャラなどユニーク。人気の秘密を探った。【和田浩明】

 協力店のお茶販売の菊川園(同市柴崎町2)は、アニメ「とある魔術の禁書目録」などとのコラボレーション商品3種類を販売する。「一番いい場所に置いてます」とオーナーの森田輝生さん(79)。価格は税込み618~850円とお手ごろ。キャラをあしらった容器入りお茶やのりなどはマニア心をくすぐる「オンリーワンの商品」(森田さん)だ。

 2013年7月以降、同店を訪れた若者らが感想や絵を書き記したノートは4冊目。国内からだけでなく、中…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1336文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです