メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目立つ黒いスーツの若者 就活ファッション、なぜ画一化したのか

今年3月、合同企業説明会の開場を待つ大勢の学生たち。ほとんどが黒のスーツ姿だ=大阪市住之江区で2019年3月1日午前9時53分、梅田麻衣子撮影

 日本企業の多くは6月に翌年の新入社員の選考を始める。街には黒いリクルートスーツの若者が目立つようになった。誰が決めたわけでもないのになぜ、就職活動の学生たちのファッションは画一的なのだろうか。その時代背景と新しい動きを追った。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

スーツ店はデザインでなく機能で競争

 黒いスーツに白シャツ姿の大学生がずらりと居並ぶさまは、今では学生向けの会社説明会や入社式で定番の光景である。ほとんどは髪が黒く、髪形も地味だ。

 リクルートスーツのデザインはどれもほぼ同じのため、スーツ販売大手の「洋服の青山」「AOKI」や小売…

この記事は有料記事です。

残り2152文字(全文2424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです