メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ばんえい競馬厩務員に初の外国人、インド人男性「いい馬育てたい」 帯広市に認可申請

北海道の帯広競馬場で厩務員の認可申請をしたアミド・アラームさん(左)と仲介者のギリ・ビシュヌさん=帯広市で2019年6月10日17時20分、鈴木斉撮影

 北海道・帯広競馬場の「ばんえい競馬」で競走馬の世話をする厩務(きゅうむ)員が不足する中、インド出身のアミド・アラームさん(36)が外国人初の厩務員として帯広市に認可申請した。市は「仮厩務員」とし、正式認定に向け地方競馬全国協会の意見聴取などの手続きを進める。

 アラームさんは故郷のインド・ビハール州でサラブレッドの調教などに従事しており、…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです