メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑田「また帰ってまいります」 サザン40周年ツアー最終公演 最多55万人動員(スポニチ)

[PR]

 「サザンオールスターズ」が16日、東京ドームでデビュー40周年記念ツアーの最終公演を行った。1978年(昭53)にデビューし、平成を走り抜けてたどり着いた節目。令和での活躍も大いに期待させる、充実の3時間半のステージだった。

 やはりデビュー曲「勝手にシンドバッド」は別格の盛り上がりだった。アンコール4曲目。「今何時?」「そうね、だいたいね〜!」。桑田佳祐(63)とのコール&レスポンスで5万人が大合唱。ドームを本拠地とする巨人の球団マスコット「ジャビット」もダンサーに加わり、昨年のNHK紅白歌合戦と同様、会場の興奮は最高潮に達した。

 3月30日のツアー開幕当初「勝手にシンドバッド」は曲目になかった。ファンの要望を受けて4月13日の横浜アリーナ公演から追加。異例のことだが、この柔軟性も日本音楽界のトップを走り続けるサザンの強みだ。

 40周年記念ツアーは6大ドームを含む11カ所の22公演で、サザン史上最多となる55万人を動員。桑田は「楽しく充実したツアーでしたから、寂しい気持ちもします」と本音もポロリ。デビュー曲から昨年発表した「壮年JUMP」まで、ヒット曲も懐かしの曲も詰め込んだ36曲でファンを笑顔にさせた。

 中盤では新曲「愛はスローにちょっとずつ(仮)」を披露した。ツアーを通して熟成させてきたバラード曲。桑田は「チャンスがあれば世に出したい」と話しており、令和初の新曲として発売されることが期待される。

 「40年間本当にありがとう!」。アンコールを終え、桑田は惜しむようにファンに感謝した。「また帰ってまいります」と約束し、メンバー5人で深々とお辞儀。サザンの歩みはまだ続いていく。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです