メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古市憲寿氏、2回連続の芥川賞候補入り 直木賞は初の女性候補のみ

社会学者の古市憲寿さん=東京都千代田区で2017年6月15日、根岸基弘撮影

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が17日付で発表された。芥川賞は2回連続となる社会学者の古市憲寿さん(34)の「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)、台湾育ちの李琴峰さん(29)の「五つ数えれば三日月が」(文学界6月号)など5作品が候補となった。直木賞には朝倉かすみさん(58)の山本周五郎賞受賞作「平場の月」(光文社)など女性作家の6作品がノミネート。直木賞の候補が全員女性なのは初めて。

 選考会は7月17日夕、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです