メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[スクープ]トヨタ・カローラセダン&ワゴンの詳細判明! 3ナンバー化も国内専用ボディサイズを採用

情報提供:カートップ

【スクープ】トヨタ・カローラセダン&ワゴンの詳細判明! 3ナンバー化も国内専用ボディサイズを採用

グローバル仕様のカローラより若干サイズが小さくなる

 9月17日正式デビュー予定の新型カローラ(セダン)&カローラ・ツーリング(ステーションワゴン)[いずれも仮称]の詳細情報の入手に成功したのでお伝えしよう。

 まずはボディサイズであるが、すでに話題になっているように3ナンバーサイズとなる。しかし北米や中国などですでにデビューしている、グローバル仕様のカローラよりは若干サイズが小さくなる。車両寸法は全長4495×全幅1745×全高1435(セダン)・1460(ツーリング/アンテナ含む)mm。ホイールベースは2640mm。トレッドは1530(前)/1540(後)mmとなっている。現行アクシオ(セダン)とセダンとの比較では、全長がプラス95mm、全幅がプラス50mm、全高がマイナス25mm、ホイールベースはプラス40mmとなっている。

カローラ

 一方セダンとグローバルセダンとを比較すると、全長でマイナス135mm、全幅がマイナス35mm、全高は同じとなっている。興味深いのはプラットフォームについてはTNGA思想に基づく共通プラットフォームを採用しているのだが、ホイールベースがマイナス60mmとなっている。ちなみに2640mmというホイールベースはカローラ・スポーツと共通となっている。

 ボディサイズは現行5ナンバーサイズから3ナンバーサイズとなるので、結構なサイズアップとなるのだが、最小回転半径は現行4.9メートルに対し、新型は5.0メートルとなっているので、日本市場に合わせた小回り性能の高さが確保されているようだ。

カローラ

 パワートレインについては、いままでは1.8リッター+モーターのハイブリッドと、1.2リッター直4ターボがラインアップされるとの情報が多かったが、2ZR-FXE型1.8リッター+モーターのハイブリッドユニットは122馬力へシステム総合出力がアップされる。

 ガソリンエンジンは2つ。8NR-FTS型1.2リッター直4ターボエンジンは、最大トルクを185N・m/1500-4000rpmへアップされ、6速MT(iMT)のみの設定となりセダンとツーリングに搭載される。ガソリンエンジンのメインユニットは現行プレミオ&アリオンにも搭載されている、1.8リッターバルブマチックの2ZR-FAE型で、トランスミッションは7速スポーツシーケンシャルシフトマチック+CVTスポーツモードとなる。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです