メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

新車で買うと悲しくなる! 値落ち激しく極上中古が激安で手に入る現行国産車4選

情報提供:カートップ

新車で買うと悲しくなる! 値落ち激しく極上中古が激安で手に入る現行国産車4選

クルマとしてはいいのに人気薄だから狙い目!

 自動車の価値はどうしても目減りしていくもの。そのため、当然ながら乗れば乗るだけ、所有すれば所有するだけ価格は下がってしまう。しかし、その下がり幅は車種によってまちまちで、人気の高い車種であればある程度距離や年数が経過しても値落ちの幅が小さくなる。

 それは逆もまたしかりであり、不人気車種であれば、あっという間に値下がりしてしまうということも意味している。そこで今回は値下がり幅の大きめの車種をピックアップしてご紹介したい。

1)日産エルグランド

 一時期は「キングオブミニバン」として圧倒的な人気を誇ったエルグランドだが、現在ではトヨタ・アルファード/ヴェルファイアに大きく水をあけられた格好となってしまった。現行モデルは2010年に登場してから9年が経過したが、未だにフルモデルチェンジの気配もなく、2018年末に先進安全装備系が強化されたことから見ても、まだしばらく現行モデルが現役ということになりそうだ。

値落ちの激しい新車

 そんなエルグランドは、新車価格で350万円ほどする250ハイウェイスターSが登録済未使用車で総額300万円を切る価格で狙えるようになっている。中には社外ナビなどが装着されたものも見つかるので、圧倒的にお買い得と言えるだろう。

値落ちの激しい新車

2)三菱ミラージュ

 ベーシックなコンパクトカーはもともとの値段が安いため、そこまで価格が下がらないことが多いのだが、三菱のベーシックカーであるミラージュはお買い得感が強い。タイで生産しているということでネガティブなイメージがあるのかもしれないが、現行モデルに実際に乗ってみるとかなり煮詰められた印象で、非常にバランスのよいクルマに仕上がっているのだ。

値落ちの激しい新車

 そんなミラージュは装備充実のGグレードで約150万円の車両価格だが、登録済未使用車で110万円を切る価格のものを簡単に見つけることができる。このクラスでの40万円の差はかなり大きいのではないだろうか。

値落ちの激しい新車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです