メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡タンカー攻撃

新写真 米国防総省「イラン関与証拠」

攻撃されたタンカーから不発の爆発物を撤去し、現場から立ち去る監視船のものとされる写真=米国防総省提供

 中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーが攻撃を受けた事件について、米国防総省は17日、イランの革命防衛隊が関与した証拠だとして新たにカラー写真を公開した。タンカーの船体の横で、監視船に乗り不発の爆発物を取り除く様子と説明しており、作業を終え、現場から退去する監視船のものだとする鮮明な写真もある。【ワシントン古本陽荘】

 攻撃されたケミカルタンカー「KOKUKA COURAGEOUS(コクカ・カレイジャス)」に横付けされた監視船には、軍服のような制服の上にオレンジ色の救命胴衣を着た10人近くが乗り込んでいる。エンジン2基の高速艇とみられ、船体の中央には機関銃らしいものが据えられている。これらの写真はタンカーが攻撃された13日に撮影されたとしている。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです