メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 作家・下重暁子さん・83歳 自立へ「直感」研ぎ澄ませ

=宮武祐希撮影

 平成から令和へ元号が変わろうとするその時、作家の下重暁子さんは軽井沢の山荘で、見るともなくテレビを見ていた。画面に映るのは新元号の幕開けを祝おうと、皇居前に集まった大勢の人たち。10秒前からはカウントダウンを刻む声がわき起こり、その瞬間には「万歳!」の歓声も上がった。その光景に下重さんは衝撃を受けたという。

 「お祝いするのは結構なんですよ。そういう気持ちがみんなにあるというのは分かります。けれども、あまり…

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文2783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです