メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 島田雅彦さん 159歳、回想の近代日本

 ■人類最年長 島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん 文芸春秋・1998円

 159歳になった「人類最年長」の男がいたとしたら……そんな想像が生んだ小説だ。男は江戸末期から明治維新、大正デモクラシー、関東大震災、第二次世界大戦、高度成長期を経て、現在まで生きてきたという記憶を語る。「日本の近代を一人の人間が生きた歴史としてつなげ直すという、物理的には不可能なことを、小説でやってみたということです」と話す。

 <赤く点滅するライトを見て、自分は性懲りもなくまた延命されるのだなと悟った>

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文906文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです