メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・聞いてみました

部活・サークル退部事情 お金がない?想像と違う? 楽しく無理なく参加しよう

新入生を勧誘するパフォーマンス。期待に胸を膨らませて、気になる部やサークルに入ったが……=東京都内の大学で(写真と本文は関係ありません)

 新入生も学生生活に慣れ、サークルや部活動の雰囲気がなんとなく分かってきた人も多いだろう。そんな中、自分にはこの団体の雰囲気が合わないな、と悩んでいる人はいないだろうか。そこで部活やサークルの退部・退会経験がある学生37人(女子27人、男子10人)に、どう対応したか聞いてみた。(かっこ内の丸数字は学年)【学習院女子大・田中美有】

 大学には伝統のある大学公認団体・部活から歴史の浅いサークルまで、さまざまな種類の団体が存在している。今回のアンケートでは、やめた経験のある団体で7割を占めたのが、部活よりも規約が緩いサークルだ。残りの2割が部活、1割は学園祭実行委員会のような「その他団体」という結果になった。

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです