メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

西武文理大「文理ブライダル」 夫婦の門出、一から演出

新郎新婦を笑顔で囲む「文理ブライダル」の学生たち=西武文理大学で

 西武文理大(埼玉県狭山市)で5月18日に開催されたオープンキャンパス。数々の企画が行われていた中でひときわ目立ったのが、学生たちによる本物の結婚式「文理ブライダル」だ。どのような結婚式が演出されたのか。

 このプロジェクトの始まりは20年前のこと。「大学祭で結婚式を行いたい」という学生のひとことがきっかけだった。プロジェクトの大きな特徴である学生たちが一から作り上げることは、大学祭で最初に行われた式から変わらない。以来、模擬も含め、オープンキャンパスで年に約5組の式を実施し続けている。式への申し込みに制限はなく、過去には同大の卒業生が式を挙げたこともあるそうだ。

 現在のメンバーは「ブライダルプロデュース」という授業を履修するサービス経営学部の1~4年の学生。授業の中ではどのような演出にするか、どうすればゲストに喜ばれる式になるかなどの意見交換を、学生同士で行う。プロデュースから会場の設営、ゲストの案内まで全てを学生たちで取り組む。今回の式には約80人の学生がアテンド、音響などのチームに分かれて参加。入学したばかりの1年生もチームに加わっている。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです