メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

しょうらいのゆめ

 「しょうらいのゆめ」。自己紹介カードを渡された小学生の私は戸惑っていた。見回すと、サッカー選手、アナウンサー、漁師、花屋……。空欄は許されないようだった。苦し紛れに映画監督と書いた。映画は好きだが監督になりたいと思ったことはない。まるっきりのうそに、周囲が首をかしげる様子を鮮明に覚えている。

 その後もこの問いは「進路」や「ライフプラン」と名前を変えて襲い掛かった。小説を読めば「作家になりたいの?」。演劇をやれば「役者になりたいの?」。どうやら人というものは、将来のために生きているらし…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです