連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

明子さんのピアノ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「明子さんのピアノ」は1945年8月6日、広島原爆の爆心地から2・5キロの民家にあった。愛用していたのは当時19歳の女学生、河本明子さん。彼女は市内で建物疎開の作業中に被爆し、翌日亡くなった。

 爆風で無数のガラス片が突き刺さったアップライトピアノはしばらくそのままだったが、被爆60年を機に修復され、あの日を今に伝える被爆遺品として平和イベン…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集