メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

明子さんのピアノ

 「明子さんのピアノ」は1945年8月6日、広島原爆の爆心地から2・5キロの民家にあった。愛用していたのは当時19歳の女学生、河本明子さん。彼女は市内で建物疎開の作業中に被爆し、翌日亡くなった。

 爆風で無数のガラス片が突き刺さったアップライトピアノはしばらくそのままだったが、被爆60年を機に修復され、あの日を今に伝える被爆遺品として平和イベン…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです