メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

水戸子どもミュージカルスクール 魅力体験、人間教育の場にも /茨城

水戸子どもミュージカルスクールの発表公演「ここは命の星」の一場面=刑部アツシ(おさかべ写真館)さん撮影

 1990年に開館し、音楽や美術、演劇などの魅力を紹介してきた水戸芸術館(水戸市五軒町1)。ただ鑑賞するだけでなく、体験してもらうことで芸術への理解を深める機会を設けている。子どもたちがミュージカルの基本を学ぶ「水戸子どもミュージカルスクール」を見学し、レッスンの意義やミュージカルの魅力を探った。

 5月下旬の日曜日。水戸芸術館に隣接するみと文化交流プラザに、小学4年から中学3年までの受講生約60人が集まった。生徒たちはこの日、舞台芸術の基礎となるストレッチトレーニングを体験した。

 足を伸縮させる運動やスキップなど、身体の柔軟性を高めるストレッチを繰り返した。すると、このトレーニ…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです