メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山

山開き前に山頂へ 噴火災害遺族ら要望 県など、29日に立ち入り許可 /長野

昨年9月26日に山頂への立ち入り規制が解除された際も、一般登山者に先立ち、遺族と行方不明者家族の立ち入りが許可された。犠牲者の足取りをたどる遺族=長野県木曽町の御嶽山山頂で

 御嶽山噴火災害の遺族や行方不明者家族でつくる「山びこの会」が、今年の山開き(7月1日)前に山頂登山を要望していることに対し、県と木曽町は17日、今月29日に遺族らが山頂に立ち入ることを許可することを明らかにした。

 死者・行方不明者63人を出した2014年9月の噴火災害後、御嶽山の火口1キロ圏内の立ち入り規制は続いている。町は昨年9月26日~10月8日、安全対策が整ったとして、噴火災害後、初めて黒沢口登山道の規制を一部解除し、山頂への入山を認めた。今年は山開き日から10月中旬までシーズンを通じて、規制を解除する方針を決めている。

 「山びこの会」は「まだ行方不明者がいる中で、一般登山者より先に静かに山頂に入りたい」とし、山開き前…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです