メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松本市

JR東と協定 駅周辺開発で連携強化 /長野

連携協定書に署名して握手する菅谷昭・松本市長(右)と伊藤悦郎・JR東日本長野支社長=長野県松本市役所

 松本市とJR東日本はこのほど、JR松本駅周辺の開発や街づくりを連携して進めるための協定を締結した。

 菅谷昭市長とJR東の伊藤悦郎・長野支社長が市役所で協定書に署名した。松本駅開発を核に、近隣市町を含めた松本圏の経済活性化や、首都圏への人口流出抑止を目指すという。菅谷市長は「必要な連携、支援に精いっぱい取り組んでいきたい」と期待を示した。

 JR東は2017年11月に策定した成長ビジョン「NEXT10」で、今後10年を見据えた事業戦略とし…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです