メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠隔職場実習

県内初 可茂特別支援学校の小林さん、自宅でPC使い 「明るい未来感じた」 /岐阜

遠隔職場実習を受ける可茂特別支援学校3年の小林栞太さん=岐阜県多治見市西坂町の自宅で

 県立可茂特別支援学校(美濃加茂市)に通う難病の男子生徒が14日、多治見市西坂町の自宅でパソコンを使った「遠隔職場実習」を体験した。会社のオフィスを離れ、社員が自宅などで働く「テレワーク」は企業で普及しつつあるが、職場実習としては県内初の試み。同校の長谷川智重子教諭は「動くことが困難な人が家で仕事をできるのはすてきなこと。重度の病気を持つ生徒たちの希望につながる」と、IT(情報技術)を活用した試みに期待を寄せた。【立松勝】

 実習を受けたのは、進行性の難病を持つ高等部3年の小林栞太(かんた)さん(18)。小林さんは、沖電気…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  2. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです