メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究現場は今

第1部 博士/2 頼りの学振、競争厳しく 進学、経済問題ネックに /京都

 「学振が決まって良かった。学振抜きに博士課程進学は考えられないですから」。生物系を専攻する京都大大学院博士課程1年の男性(24)はそう言って、ほっとした表情を見せた。

 ここで言う「学振」とは、日本学術振興会の特別研究員の制度かつ、この制度によりもらえる生活費と研究費を指す。対象は博士課程の大学院生と博士号取得後5年未満の研究者で、採用されれば、研究費に加えて博士課程なら月額20万円、博士号を取得した研究者であれば36万2000円(2020年度)の実質的「給料」が支給される。優秀な若手を研究に専念させ、日本の学術研究を担う人材を育成させるのが目的だ。人文・社会科学・自然科学の全分野が対象で、採用率は10~15%と狭き門だ。男性が受給するのは、修士課程2年次で応募し、博士課程の3年間支給されるDC1だ。

 日本学生支援機構の「学生生活調査」によると、16年度の博士課程の生活費(学費を含む)は平均225万700円。大学などが実施するアンケートでは、博士課程進学を断念する理由として経済的な問題を挙げる学生が多いという。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです