メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごで暮らす

 神戸・本多聞中 PTA改革 保護者の活動簡素化 「ガチンコ」意見交換の場設け /兵庫

PTA改革に取り組んだ今関明子さん(左)と福本靖さん=神戸市垂水区で、反橋希美撮影

 この春、あなたは当たりくじを引いて青ざめませんでしたか--。役員の押し付け合いになりがちなPTAを、立候補者が相次ぐ魅力的な組織に変えた学校がある。神戸市立本多聞中学校(同市垂水区)は2014年度から、広報紙づくりをやめるなど簡素化する代わりに、学校と保護者が「ガチンコ」で意見交換する場をつくった。改革の立役者となった当時の校長、福本靖さん(57)=現・桃山台中学校長=と、PTA会長だった今関明子さん(50)に成功の秘訣(ひけつ)を聞いた。【聞き手・反橋希美】

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです