メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性議員に聞く

/上 県内地方議会 認識、理解へ壁高く 「選挙・政治活動」働きにくさ浮き彫り /岡山

セクハラ、差別 深刻な実態

 政党などに男女の候補者数をできる限り均等にするよう求める「政治分野における男女共同参画推進法」が施行されて初の統一地方選が終わり、各地で新議会が始まっている。県内の地方議会の女性議員数は選挙前の55人から60人に増えたが、全体の割合でみると、まだ1割程度。実際に議会で働く女性は何を感じているのか。県内の女性議員へのアンケートとインタビューで、実像に迫った。【林田奈々】

 毎日新聞は5月中旬から6月上旬までに県内の全女性地方議員にアンケートを実施し、47人から回答を得た…

この記事は有料記事です。

残り1374文字(全文1623文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです