メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
講演

天皇の料理番・谷部金次郎さん「失敗恐れず次へ進んで」 別府大短大部・食物栄養科 /大分

 「昭和天皇の料理番」として知られる元宮内庁の和食担当の料理人、谷部金次郎さんの講演が別府市の別府大であった。同大短大部の食物栄養科は毎年、料理の専門家を招いて講習会などを開催。今年は改元があったことから昭和天皇と香淳皇后の食事を作り続けた谷部さんを招いた。

 15日の講演は「皇室にお仕えして~宮中で学んだ料理の心」のテーマで、栄養士を目指す短大生や、主婦らを前に話した。埼玉県出身の谷部さんは55年前、17歳の時に宮内庁に就職し、43歳で退官するまでの26年間、両陛下へ仕えたという。

 「料理は心を映す鏡で、作り手の気持ちが味に反映する。心を込めて作れ、丁寧に作れ、きれいに作れ、の3…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです