メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

防衛省のデータ誤り 陸上イージス釈明「泥沼」 秋田知事、協議は「白紙」

「イージス・アショア」導入をめぐる経緯と佐竹敬久・秋田県知事らの発言

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画が泥沼にはまりつつある。配備先として陸上自衛隊新屋(あらや)演習場(秋田市)を適地とした防衛省の調査報告書の誤りと、その釈明をした住民説明会での職員の居眠りが、配備が閣議決定された2017年当初からくすぶる「地元軽視」との批判を決定的にした。岩屋毅防衛相が17日、佐竹敬久知事に謝罪したが、同省は同演習場を「唯一の適地」とする姿勢は変えていない。同省への不信は、西日本の候補地、山口県にも飛び火し、政府が目標とする24年度配備に黄色信号がともる。

 「どうもすみませんでした、本当に」。岩屋防衛相は秋田県庁で佐竹知事との面会が終了した後、向こう正面に座った知事の元に歩み寄り、机に手を突きながら深く頭を下げた。しかし、知事は険しい表情を崩さず、防衛相が立ち去った後の報道陣の取材に「謝罪と理解は全然違う。(防衛省は)マイナスからのスタートだ」と述べ、協議は白紙に戻ったとの県側の姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです