立憲民主党

内閣不信任案を回避? 同日選誘発を危惧

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
野党が終盤国会で検討する「対決カード」
野党が終盤国会で検討する「対決カード」

 19日の安倍晋三首相と野党各党の党首討論を前に、立憲民主党が内閣不信任決議案の提出を回避する動きを見せ始めた。党首討論で政権との対決ムードが強まれば、提出の機運が高まる可能性は残る。しかし、選挙準備が遅れている野党側にはなお不信任案提出が衆院解散を誘発するのを恐れる声も根強い。参院選前には提出するのが通例だが、腰砕け気味だ。【野間口陽、東久保逸夫】

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1004文字)

あわせて読みたい