メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

国際協力でブラックホール撮影 国立天文台教授 本間希樹氏

国立天文台教授の本間希樹氏

 強烈な重力で周りの光や物質をのみ込む暗黒の天体、ブラックホール=1。これまで誰も見たことはなかったが、世界中の約200人の研究者が一丸となってその撮影に挑み、成功した。国際協力で電波望遠鏡を連携させ、宇宙の「黒い穴」の存在を確かめた成果について、日本チームの代表を務めた本間希樹・国立天文台教授(47)に聞いた。【聞き手・斎藤有香、写真・玉城達郎】

この記事は有料記事です。

残り2778文字(全文2953文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです