メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

大阪・吹田の拳銃強奪 交番襲撃抑止する対策を

[PR]

 日本の交番は地域の安心・安全を守る最前線だ。住民から信頼され、警察業務の成功例として海外でも参考にされてきた。大阪府吹田市でそんな交番が襲われ、拳銃が強奪される事件が起きた。

     男性巡査を刺し拳銃を奪った容疑で男が逮捕されたが、一歩間違えば、一般市民に拳銃が向けられ、大惨事になる恐れもあった。警察は事態を重く受け止めなければならない。

     交番で警察官が襲撃される事件が相次いでいる。昨年6月には富山市の交番で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で犠牲者が出た。同年9月にも仙台市の交番で警察官が刺殺される事件が起きた。

     交番勤務の警察官は原則、勤務中に拳銃を携帯している。これまでは、拳銃の存在自体が犯罪を防ぐ「抑止力」となり、治安維持に役立っていたはずだ。

     しかし、その拳銃が狙われるケースが最近、多発している。警察は状況の変化を念頭に置いた対策を考えなければならない。交番襲撃や拳銃強奪という犯罪は成功しない確率が高いことを示す必要がある。

     警察庁は昨年9月、全国に約1万2600カ所ある交番や駐在所の安全対策強化を指示した。複数の警察官が勤務することや、外部から内部に侵入しにくいようにカウンターを設置することなどが主眼だ。

     同時に、交番勤務の警察官には耐刃防護服の着用を義務付けた。また、今年に入ってから、拳銃を強奪されにくい新型のホルスター(拳銃入れ)の配備も進めていた。

     拳銃を奪われた警察官のホルスターは旧式のままだった。警察官は深手を負っており、新型でも強奪を防ぐのは難しかった可能性はあるが、事件を教訓に配備を急ぐべきだ。

     また、交番の内部を含めて、防犯カメラを増強したり、警察官が身につける小型カメラを配備したりして、交番と警察官の抑止力を強化することも一案だろう。

     一方、交番は市民生活にとって欠かせない存在だ。地域の人が気軽に足を運び、相談や届け出ができる利便性が失われてはならない。

     地域の安全と暮らしを守る重要な拠点である交番を維持していくため、警察は装備と体制の両面で対策を進めていくべきだ。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

    3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです