メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ECB

総裁選び、駆け引き ドラギ氏、10月任期満了 独仏有力、フィンランドも注目

歴代の欧州中央銀行(ECB)総裁

 ユーロ圏の金融政策を担う欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(71)が10月末に8年間の任期を終える。ドイツやフランスが後継総裁の座を狙うが、同じ時期に交代する欧州委員長やEU大統領といった欧州連合(EU)の重要ポストとの兼ね合いもあり、人選は政治的な駆け引きの下で難航しそうだ。【ロンドン三沢耕平】

 ECBが本部を置くドイツからは、ドイツ連銀のバイトマン総裁(51)がドラギ氏の後継候補に浮上している。ドイツはECBに一度も総裁を送り込んだことがなく、総裁ポストは長年の悲願だ。

 バイトマン氏は2011年に史上最年少の43歳で連銀総裁に就任。早くからECB次期総裁の最有力候補と…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1362文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです