メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生理

隠さなくてもいい 「#袋は不要」「包装デザイン」多様さ配慮

ハヤカワ五味さん(中央)らSNSで人気の「インフルエンサー」らをメンバーに起用したユニ・チャームの「#NoBagForMeプロジェクト」をPRする画像=ユニ・チャーム提供

 「恥ずかしいもの」「隠すもの」というイメージが強い女性の生理をオープンに語り合ったり、生理用品の選択肢を増やしたりする動きが広がっている。こうした動きを「第3次生理ブーム」と位置づける専門家もいる。【塩田彩】

 「これは絶対バズる(SNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービス=で話題になる)よね」。今月6日、東京都港区のシェアオフィスに、SNS上で大きな影響力を持つ「インフルエンサー」らが集まり、生理用品パッケージについて熱心に話し合っていた。生理用品大手のユニ・チャームが今月始めたプロジェクトの一環だ。インフルエンサーの力を借り、生理を巡る慣習を見直したり、女性の体に関する正しい知識を発信したりしていくという。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1187文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです