メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
令和フィーバー考

/4 平成の課題、葬られる 東京工業大准教授・北村匡平さん

平成後期から令和にかけて続く時代をメディアや文化的背景から分析する北村匡平准教授=東京都目黒区で2019年5月16日、塩田彩撮影

 「元号は、時代を政治的、暴力的にひとくくりにする記号となる危険性をはらんでいます」。そう語るのは東京工業大学のリベラルアーツ研究教育院で映像文化論やメディア論を教える北村匡平准教授(37)だ。「令和になっても時代が変わったわけではない。むしろ、平成後期にあたる2000年代後半に『断絶』と呼べる時代の転換点があった」と指摘する。

 「新しい時代の幕開け」「ハッピーニュー令和!」。各地で「新時代」を祝う声があふれたが、北村さんは冷…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1299文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです