連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

食中毒 加熱・冷蔵でも注意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加熱や冷蔵に強い食中毒の原因菌
加熱や冷蔵に強い食中毒の原因菌

 暑くなると気になる食中毒。原因菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」が家庭での予防3原則だ。加熱すればいい、冷蔵庫で保存すれば大丈夫--と思いがちだが、熱や冷温に強い食中毒菌もいるので注意しよう。

 2018年に全国で発生した食中毒は1330件、患者数は1万7282人(厚生労働省調べ)。患者の約9割の原因は細菌・ウイルスで、死者は出ていないが重症化するケースもある。

 食品安全委員会によると、細菌やウイルスが起こす食中毒は「感染型」「毒素型」に大別される。感染型で有名なのはノロウイルスやサルモネラ菌で、生きて体内に入り悪影響を及ぼす。黄色(おうしょく)ブドウ球菌やボツリヌス菌などの毒素型は、食品の中で菌が人体に有害な物質を出すため、菌を取り込まなくても発症する可能性がある。どちらのタイプも動物の腸管内、土壌、河川などに広く生息し、農畜産物や魚介類から完全に排除…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1305文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集