連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 日本語教員育成求める 外国籍児の教育、国報告書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本に住民登録しながらも義務教育を受けていなかったり、日本語が話せなかったりする外国籍の子どもが増えていることを受け、文部科学省内に設置した「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」(座長・浮島智子副文科相)は17日、就学実態の把握や日本語教員の育成などを求める報告書をまとめた。

 検討チームは今年1月、義務教育年齢にありながら不就学になっている外国籍の子どもらが全国に1万6000人以上いることが判明する中で発足。報告書は、外国籍の子どもに就学義務が課されていない現状に言及した上で「就学実態の把握を進め、外国人の子どもに教育機会が確保されるよう取り組む必要がある」と強調した。就学実態については、文…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文765文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集