メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 日本語教員育成求める 外国籍児の教育、国報告書

 日本に住民登録しながらも義務教育を受けていなかったり、日本語が話せなかったりする外国籍の子どもが増えていることを受け、文部科学省内に設置した「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」(座長・浮島智子副文科相)は17日、就学実態の把握や日本語教員の育成などを求める報告書をまとめた。

 検討チームは今年1月、義務教育年齢にありながら不就学になっている外国籍の子どもらが全国に1万6000人以上いることが判明する中で発足。報告書は、外国籍の子どもに就学義務が課されていない現状に言及した上で「就学実態の把握を進め、外国人の子どもに教育機会が確保されるよう取り組む必要がある」と強調した。就学実態については、文…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです