隠蔽文書「水産庁で調べるべき話だろう!」原氏が強い語調 特区ヒアリング

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
WGヒアリング開催をめぐる政府の説明は後退する一方だ
WGヒアリング開催をめぐる政府の説明は後退する一方だ

 国家戦略特区ワーキンググループ(WG)で隠蔽(いんぺい)されていたヒアリング開催の記録が表に出てきた。18日、水産庁が野党に提示した「ヒアリング概要」の記録文書には、真珠養殖の規制緩和提案を前提に、WGの原英史座長代理らが水産庁を問いただすやり取りが生々しく記されていた。

 「そんなことをこちらから説明しなければならないのか! 水産庁で調べるべき話だろう!」。文書には、内閣府が所管する特区制度について尋ねた水産庁に対し、原氏が反発する記述があった。

 18日の野党の聞き取りに参加した立憲民主党の川内博史衆院議員は「行政文書にびっくりマークがつくとは、原氏が相当強い口調でどう喝したのか」と疑問視。水産庁の矢花渉史参事官は原氏をかばうように「文書にこういうやり取りを残すのは適切ではなかった」と声を落とした。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文949文字)

あわせて読みたい

注目の特集