フェイスブックが仮想通貨「リブラ」発行へ ビザ、マスターなど参加

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米フェイスブックのロゴ=AP
米フェイスブックのロゴ=AP

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)が2020年から独自の仮想通貨(暗号資産)を発行する。FBの利用者間で送金したり、買い物の決済に利用したりできる通貨とする計画で、ビザやマスターカードなど27の企業や団体も事業に加わる。FBの利用者は20億人以上(推定)。キャッシュレス化を目指す日本を含め、従来の仮想通貨より幅広く普及する可能性がある。

 FBが18日、事業計画の概要を発表した。仮想通貨の名称は「リブラ(Libra)」。スイスのジュネーブに設立した仮想通貨事業を担う団体「リブラ協会」が運営する。複数のコンピューターにデータを分散して記録する「ブロックチェーン」と呼ばれる技術で管理する。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文781文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集