メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港デモ継続も 長官辞任否定に反発 「暴徒」扱い怒る市民

 香港の林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は18日、「逃亡犯条例」改正案の審議は再開しないと述べる「事実上の撤回」で、事態の幕引きを図った。だが、最後まで「撤回」との言葉を使うことは避け、自らの辞任も否定する林鄭氏の姿勢は香港市民の反発を呼んでいる。週末には3週連続となる大規模デモが起きる可能性があり、今後は辞任要求を中心としたデモが、どれほど継続するかが焦点になりそうだ。

 林鄭氏が事実上の撤回に追い込まれた背景には、従来は民主派団体や若者団体が務めたデモの「主役」を、今…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1298文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです