メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニホンライチョウが抱卵始める 人工繁殖事業初のふ化に期待 富山

9個の卵を温める雌のニホンライチョウ(富山市ファミリーパーク提供)

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は17日、国の特別天然記念物、ニホンライチョウの雌が12日に抱卵を始めたと発表した。従来の人工ふ化ではなく、今年は母鳥が温める抱卵でのふ化に挑戦しており、順調なら7月5日前後にひながかえる予定。成功すれば2015年に始まった環境省の人工繁殖事業では初、それ以外では長野県大町山岳博物館に次いで…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです