プログラミング教育に地域格差 必修化見据えて先行実施 自治体半数に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
さまざまなプログラミング学習教材がそろう教室で学ぶ子どもたち=東京都荒川区で2019年5月25日午後3時22分、成田有佳撮影
さまざまなプログラミング学習教材がそろう教室で学ぶ子どもたち=東京都荒川区で2019年5月25日午後3時22分、成田有佳撮影

 2020年度から新学習指導要領が実施されるのに伴い、小学校でプログラミング教育が必修化される。文部科学省の18年度調査では、先行実施している市区町村教委は前年度比35.9ポイント増の52.0%で半数を超えた。一方、小規模な自治体ほど実施率が低いことも明らかになった。都内では民間のプログラミング教室が活況で、既に地域格差が広がっている。【千脇康平、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2005文字)

あわせて読みたい

注目の特集