メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育に地域格差 必修化見据えて先行実施 自治体半数に

さまざまなプログラミング学習教材がそろう教室で学ぶ子どもたち=東京都荒川区で2019年5月25日午後3時22分、成田有佳撮影

 2020年度から新学習指導要領が実施されるのに伴い、小学校でプログラミング教育が必修化される。文部科学省の18年度調査では、先行実施している市区町村教委は前年度比35.9ポイント増の52.0%で半数を超えた。一方、小規模な自治体ほど実施率が低いことも明らかになった。都内では民間のプログラミング教室が活況で、既に地域格差が広がっている。【千脇康平、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです