メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チバニアン窮地 国際学会申請困難に 反対派が賃借権設定 対話進まず

「チバニアン」の根拠となる地層の前に、反対派の研究者らが設置した看板=千葉県市原市田淵で2019年6月1日、池田知広撮影

 地球46億年の歴史の一時代に、千葉県の地層にちなんだ名前「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」が来年にも付く運びとなっているが、その先行きが不透明になってきた。反対派の研究者が、命名の根拠になる同県市原市の地層を含む土地の借地権を取得。国際学会への申請が阻まれているからだ。地元関係者や研究チームは困惑を隠せない。

 市原市田淵の養老川渓流沿いにむき出しになった地層「千葉セクション」には、約77万年前に地球のN極と…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです