メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いまだ仮住まい 障害者施設 家賃高騰 反対も懸念 大阪北部地震1年

会議室を改装した仮移転場所で活動する子どもたち。狭いため、遊具も半減させた=大阪府茨木市の放課後等デイサービス事業所Plusで2019年6月3日午後4時43分、山本真也撮影(画像の一部を処理しています)

 1年前の18日に発生した大阪北部地震で被災し、仮事業所で活動している大阪府茨木市の障害者施設の移転先探しが難航している。【山本真也】

 この施設は、自閉症や知的障害、発達障害のある児童・生徒が通う放課後等デイサービス事業所「Plus(プラス)」。借りていた一軒家が地震で使用不能となり、運営する社会福祉法人の会議室を暫定使用している。地震で物件数が少なくなっているうえ、障害者施設の近隣理解などの課題があり、いまだ手狭な場所での活動を余儀なくされている。

 放課後等デイサービスは、「障害児の学童保育」とも称され、児童福祉法に基づく福祉サービス。放課後や長…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです