メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PTAを魅力的に くじ引き・研修・広報を廃止 神戸市立中学

PTA改革に取り組んだ今関明子さん(左)と福本靖さん=神戸市垂水区で2019年5月27日午後5時40分、反橋希美撮影

 この春、あなたは当たりくじを引いて青ざめませんでしたか――。役員の押し付け合いになりがちなPTAを、立候補者が相次ぐ魅力的な組織に変えた学校がある。神戸市立本多聞中学校(同市垂水区)は2014年度から、広報紙づくりをやめるなど簡素化する代わりに、学校と保護者が「ガチンコ」で意見交換する場をつくった。改革の立役者となった当時の校長、福本靖さん(57)=現・桃山台中学校長=と、PTA会長だった今関明子さん(50)に成功の秘訣(ひけつ)を聞いた。【聞き手・反橋希美】

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです