メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夢で夜空を照らしたい」高校書道部員が50メートル短冊 静岡・沼津の商店街 

 静岡県沼津市大手町の仲見世商店街で17日、商店街の七夕まつりを彩る長さ50メートルの巨大短冊を沼津西高校の書道部員が書き上げた。「ヤー」「ヨッ」と掛け声をあげ、特大の太い筆で力いっぱい書き上げる高校生に買い物客が拍手を送った。

 紺のはかまに、男子は黒と金のたすき、女子は水色に桜柄のたすき。書道部員4人が桜色、空色、藤色、山吹色の4色の巨大短冊に「第65回沼津…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです