メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユムシ、タガメ、ナマズ…救出された生物標本 追手門学院中高 大阪北部地震1年

大阪市立自然史博物館で保存作業が進む魚などの標本=大阪市東住吉区の同博物館で2019年6月9日午後3時53分、目野創撮影

 昨年6月の大阪北部地震で、大阪府茨木市の追手門学院中学・高校では半世紀以上、保管してきた貴重な生物標本が被災した。廃棄も検討されたが、大阪市立自然史博物館が復旧に乗り出し、1年がかりで壊れた容器の交換、標本の点検などを実施。ほとんどが元通りに保存できる見通しだ。同校は「標本は学校の歴史の一部。多くの人の関わりで守ってもらった」と感謝する。

 標本は同校生物部(廃部)が1960~80年代を中心に収集。昆虫約8000点、魚類約140点など1万…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  3. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  4. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  5. 「ハルヒ」原作者・谷川流さん 「被害者の回復祈るだけ」 京アニ火災で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです